TOP > 文系からITエンジニアへ

プログラミングができる文系は最強

生涯困らない「手に職」を付けたい

今更「手に職」ってどうしたらいいの?

「手に職」で連想する職業って、どれも専門学校や大学(院)に通い、専門知識を深める必要があるものばかり...

「手に職」で連想する職業って、どれも専門学校や大学(院)に通い、専門知識を深める必要があるものばかり...
でも

ITエンジニアなら就職してから学ぶことが出来る

だから文系でもITエンジニアになれるのです
文系からITエンジニアを目指す
むしろ文系でITの専門知識を習得している人って最強なんです

なぜなら、プログラムは基本的に一人で作るものではなく、チームで作りあげるからです。

すると必然的に「協調性」や「リーダーシップ」などが必要になります。

そして、最も重要なのが「コミュニケーション能力」です。システム開発の現場では、チーム間だけではなく、お客様の要望を瞬時に理解し汲み取る能力が求められます。

そこで、文系の人は比較的相手が示唆することを読み取る能力に長けているため、非常に重宝されるのです。

もちろん、ITスキルはあるに越したことはありませんが、もっと必要な能力は沢山あります。

このような理由から、文系か理系かどうかはそれほど重要ではなく、コミュニケーション能力や人間性が重視されるのです。

実際にIT企業では数多くの文系出身者を採用しており、技術職から管理職へキャリアアップして大活躍している人が大勢いるのです。

エンジニアに必要な素養

一体どうやってエンジニアになるの?

ITなび就活では

文系大学出身者を育成してくれる新人教育に熱心な優良企業だけを厳選してご紹介

文系からITエンジニアを目指す

エンジニアになるメリット

他の専門職種に比べてとっかかりやすい

生涯困らない「手に職」が身につく

成長産業だから長期安定・高収入が望める

将来的に独立やリモートワーク・在宅勤務など自由な働き方が出来る

文系からITエンジニアを目指す

しかも専任のキャリアコンサルタントによるサポート

事前準備をしっかり実施した上で、個別面談やイベントに参加するから、文系大学でも安心。

事前準備をしっかり実施した上で、個別面談やイベントに参加するから、文系大学でも安心。

最短7日で内定

文系からITエンジニアを目指す