TOP > 内定者の声 > 内定者:S.K.さん

内定者の声 ~ 2019 ~

内定先 ㈱システムリンク

四年制大学文系学部 卒業

S.K.さん (22)

就活中の困ったこと・大変だったこと

周囲の動きに任せながら何となく合同説明会に参加していましたが、あまりやる気が起きずにモチベーションが低いままでした。自分が働いているビジョンが湧かず、就きたい仕事を具体的に決めることができなかったのを覚えています。

どんな会社が自分に合うのかもわからず、軸が定まっていない状態でした。就活や将来に漠然とした不安を抱えつつも、自分がどこに向かっているのかもわからずに、だらだらと迷ってしまいました。

IT業界を選んだ理由

初めはプログラミングに対する抵抗感があり、6月ごろまではIT業界を視野に入れていませんでした。しかし、プログラミング教育が必修化する中で、時代に取り残されたくないと感じ、挑戦することにしました。高速に変化する世の中なので、手に職をつけて安心感を得たかったのだと思います。
ITなび就活は未経験でもOKとのことだったので、安心して応募できました。

また、IT業界の中でも中小企業を選択した理由は、会社の一員として一緒に大きくしていきたいと思っていたからです。最初から大きな企業で働くよりも、その方がやりがいを得られると考えていました。

ITなび就活を利用して良かったこと

周りにコンサルタントや就活エージェントを利用している人はほとんどいなく、利用する予定もありませんでしたが、友人の勧めでITなび就活に登録しました。
思っていたものとは違い、とにかく安心感がありましたね。いつも自分で企業とやり取りしていましたが、間に入って企業連絡や面接日程の調整をしてくれるのはありがたかったです。また、一日で多くの企業と直接話せるだけでなく、短期間で内定をもらうことができて本当に助かりました。

就活スケジュール

■大学3年3月 合同説明会に参加
採用情報解禁と同時に就活を開始。半ば周囲に流されるような形でスタート。
志望企業はあまり定まっていなかったため、合同説明会に多数参加。
出身学部に関連するような業界も視野に入れていたが、説明を聞く中で合わないと判断した。

■大学4年4月 ES作成・エントリー開始
就活最盛期に突入し、同じように焦りを感じている友人らと共に活動。
複数人でカフェに集まり、ES作成や自己分析・他己分析をする。
その後、各企業にエントリーを開始。就活全体を通して、自ら応募した企業は計10社。

■大学4年4~5月 ES見直し・面接対策
初めに作成したESの内容に納得がいかず、友人らと見直しをする。集まりの中で面接練習・対策も行う。
お互いの志望企業を調べて質問内容を予想し、本格的に練習をした。
学校のキャリアセンターなどには頼らず、主に友人らと協力していた。

■大学4年7月 ITなび就活に登録・初内定獲得
6月ごろからIT業界を視野に入れ初め、友人の勧めでITなび就活に登録。
合同説明会に参加し、内定を獲得。

■大学4年7月 就職活動終了
現在の所属企業の内定を承諾し、就職活動を終了。
確定後に「本当にやっていけるのか」と不安に感じる瞬間もあったが、
3ヶ月の研修もあるということで安心してIT業界に入ることを決意する。

就活生へのメッセージ

マイペースに自分の思うようにやれば、いつか納得のいく結果になると思うので、あきらめずに頑張ってください!!