TOP > 社長インタビュー 一覧 > 株式会社インフォリンク 社長インタビュー

新卒募集中!インフラ構築、運用・設計からテストまでを一貫した作業としてとらえ、不具合などを局所化させて解決いたします。

仕事内容 【業種】
情報サービス

【事業内容】
当社は、インフラ構築をメイン事業としています。また、対象範囲としてシステム構築におけるプロジェクトの各ステップすべてをサポートしております。その中でも運用サポートをメインとした運用システムの構築を主業務としています。Windowsサーバ、Linuxサーバなどを主なプラットフォームとしています。

【企業PR】
社員が少ない分、社内の風通しもよく、社長、社員関係なく会社を良くするために常に議論しています。ともに喜びを分かち合い、会社とともに一緒に成長していただける方を募集しています。
仕事内容も、1から懇切丁寧に指導します。弊社のモットーは「仕事は楽しく」です。ご応募お待ちしています。
求める人物像 どんなことでも積極的にプラス思考で取り組むことができる方に来ていただきたいと思います。

募集概要

求人No. R0395
職種 ITエンジニア(プログラマー・SE) / ITエンジニア(インフラ)
求職者区分 新卒 / 未経験者
雇用形態 正社員
就業場所
応募資格 大卒【文系】 / 大卒【理系】 / 短大専門卒【文系】 / 短大専門卒【理系】
プログラミング経験の必要性 全く必要ない
契約期間 無し
研修 有り 
募集人数 2名
給与 月給180,000円 (査定により考慮)
休憩時間
時間外労働 無し
諸手当等 通勤手当
試用期間 あり
勤務時間 9:00~18:00
加入保険 社会保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険
労働条件 週休2日 / 土日休み / シフト制
選考フロー 面接2回
必要書類 履歴書、成績証明書、卒業見込み証明
採用実績 無し
事業内容 インフラ整備、システム開発、組み込みシステム開発
代表者 代表取締役 竹田 好宏 
資本金 500万円 
社員数 12名 
平均年齢 不明 
平均勤続年数  
離職率  
男女比  
創立 2007年 10月 01日 
本社所在地 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4711番地1 オセアン矢沢ビル404号室 
最寄り駅
沿革

少年時代、コンピューターほしさに新聞配達をしたり、修学旅行で部品を求め八王子の電気店を訪ねた経験を持つ竹田氏。並み外れた行動力と闘志は、穏やかな印象からは想像しがたい。ITの知識で人に喜んでもらえた経験が自らの原動力と語る、細やかさと大胆さを備えた IT リーダー。

機械好きな少年が、コンピューターほしさに大奮闘!

株式会社インフォリンク/竹田好宏氏
株式会社インフォリンク  代表取締役社長 竹田好宏氏
好きな女性のタイプ : 奥様    尊敬する人 : 過去の先輩たち
趣味 : 機械工作、ゲーム、スキー

ー 子供の頃から、「機械好き」だったとお聞きしていますが...。

父が自衛隊の通信部隊にいた影響もあり、機械的なモノには早くから興味がありました。廃棄されたラジオやテレビの部品を外してみたり、電子部品を札幌の電気街へ買いに行ったり。ある日、店頭のコンピューターをたまたま見つけたんです。一緒にいた弟が「これ何だろう、お兄ちゃん」と、スイッチを押したら動かなくなって、「やばい!壊した」って逃げた記憶が、コンピューターとの出会い(笑)。調べてみたら、「コンピューターはプログラム次第で色んなことができる」的なことが書いてある。まだ触ってもいないのに感動して、小学生なのに「こりゃ、買おう!バイトするしかない!」 と新聞配達を決意。でも「小学生はダメ」と断られて...。卒業する頃に再び新聞販売店を訪ね、「中学生になったら行きますので、空けといてね」と言っておいた(笑)。卒業後、すぐに夕刊を配りに行きました。当時はただ「ほしい!」っていう想いだけでしたけど。中学2年の後 半に、やっと念 願 叶って購 入。その頃はまだPC8001という機種でしたね。高校に入ると、パソコンにつける周辺機器がほしくて、年末年始の年賀状のアルバイトで一冬に10万円以上稼いでいました。

ー すごい!目的のための行動力と意志が強かったんですね。

結局「好き」だったんですよ。工業高校時代の修学旅行は東京だったんですが、自由行動の際、皆は観光地へ行くのに、私は予め調べておいたパソコン部品の安い電気店を1人で訪ねたんです。それが八王子の街の電気屋さんで(笑)。店の奥さんに事情を話すと、「えっ、北海道から来たの !?」って驚かれちゃって、お茶とかお菓子を出してもらいました(笑)。

できるだけのことをやってみる姿勢が評価に繋がった
ノウハウを結集し、SE を支援するようなツールを作ってみたい

株式会社インフォリンク/竹田好宏氏
優しい笑顔が印象的。「社員の悩みや質問に応えられるように、現場とは極力コミュニケーションを取るように心がけています」

ー 起業まで道のりと成長要因をお聞かせください。

高校卒業後は日立の関連会社に就職。そこは CE(カスタマーエンジニア)たちが働く工場で、僕は CE が使うチェック用のプログラム作成の担当でした。恵まれた環境で好きな仕事でしたが、工場内だけに外の様子が知りたくて...。10 年間勤め 29 才で、仲間が立ち上げた 4~5 人の会社に転職しました。それまでは制御系だったのが、ユーザーアプリケーションを開発する機会に恵まれ、一般ユーザーを相手にするようになった。実働リーダーとして働いたその会社は、10 年目には社員数も 40~50 人にまで成長しました。その頃になると、仕事の向き合い方も経営レベルに達したんでしょう。ついに独立を決意しました。当初は1人でのスタートでしたが、少しずつ仕事も増え、現在では社員 14 名、パートナー 3 名にまで成長しました。事業内容としてはインフラ構築が基本で、サーバーネットワークとそれらを運用するための「運用基盤」が中心です。 成長要因は、依頼に対してできるだけ断らないようにしてきたこと。できるかどうかやってもいな いのに諦めるのは好きじゃない(笑)。「経験がないからダメ」と言われればそれまでですが、GO なら全力でプラスに繋げるし、それによって実績もスキルもつけてきました。私の出身母体が日立だったことも強みだったと思います。あとは金融系に強かったこと。金融系は IT の最上位セットに当り、そこから差し引きすればどんな案件にも対応できます。

ー 今後のビジョン、就活生へのアドバイスをいただけますか。

4年後を目標に、人員を 30 名に増やしたいです。戦略的には教育面やノウハウを高めたいですね。社内ならインフラ系の JP1 の導入ノウハウを、社外向けには、SE を支援するようなツールを思案しています。例えばサーバーの設定でも、毎回同じようなことで悩んでいる。今までのノウハウで解決できるのなら、それらを活かさない手はないでしょう。その他、ソフト開発にも力をいれていきたいです。就活生の方は、漠然と「好きだから」だけなく、目に見える形だったり言葉に出して想いが伝わるようにしてほしいですね。「好きだから、これだけ頑張っている」と踏み出してくれたら、“じゃあ一緒に頑張りましょう” という気持ちになる。私自身、子供の頃から「IT への想い」というものがあって、パソコンで困っている方に「こういうことだよ」と教えてあげて、「助かった」「仕事が楽になった」と感謝されることが喜びでした。 コンピューターって「使えるもんなら使ってみろ」的なところがありますので、誰もが便利に使えるように弊社が架け橋になれたらと常に考えています。