TOP > 社長インタビュー 一覧 > 株式会社ゆめも 社長インタビュー

Webプログラマ(Java)募集中!

仕事内容 <求職者へのコメント>
主体的に自ら行動できる方を求めています。
年間休日130日。

【業種】
・WEBシステム/アプリケーション開発、構築、運用、保守、コンサルティング

【事業内容】
・スマートフォンやタブレット向けのオリジナルアプリの開発。
 ※アンドロイドやiOS Windows向けOSを搭載、Hybrid開発にも対応
・システム開発・構築・運用・保守・コンサルティング、オフショア開発・支援
・国内事業及び海外事業のコンサルティング
・ホームページ・印刷物・ムービーの企画・制作・提供
・各種コンテンツの企画・制作・販売、広告、宣伝に関する企画・制作・販売
・特定労働派遣事業 ・物品販売等

求める人物像 ・目標に向かって自分で考え、能動的に自ら意見が出せたり行動が出来る方。
・話をしっかり聴き、その答えに対して自分の考えも論理だてて述べられる方。
・自分自身がエンジニアとして叶えたい希望や夢があり、そのために継続して努力できる方。
・仕事はしっかりと働くと同時に、プライベートも充実させたい方。
・コミュニケーション能力のある方、新サービスの構築に興味がある方
ロールモデル ゆめもに決めた理由は、アットホームな雰囲気があること、成長に合わせてどんどん責任のある仕事を任せてくれる環境がありそうだと思ったこと、そして夢を大切にしている会社なので、
そんな会社で自分の夢実現に向けて努力したいと思ったからです。

募集概要

求人No. R0010
職種 ITエンジニア(プログラマー・SE)
求職者区分 新卒 / 未経験者
雇用形態 正社員
就業場所
応募資格 大卒【文系】 / 大卒【理系】 / 短大専門卒【文系】 / 短大専門卒【理系】
プログラミング経験の必要性 全く必要ない
契約期間 無し
研修 有り 
募集人数 2名
給与 200,000円~
休憩時間
時間外労働 無し
諸手当等 通勤交通費、社会保険、健康診断補助、 社宅補助
試用期間 6ヶ月
勤務時間 10:00~19:00(コア11時から16時)
加入保険 社会保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険
労働条件 週休2日 / 土日休み
選考フロー 面接(2回)、適性試験
必要書類 履歴書
採用実績 無し
事業内容 IT企業
代表者 大原 和哉 
資本金 3,500万円 
社員数 15名 
平均年齢 34歳 
平均勤続年数  
離職率  
男女比  
創立 2011年 02月 07日 
本社所在地 東京都品川区南大井6丁目16番4号戸浪大森ビル7階 
最寄り駅
沿革 2011年02月 品川区東大井にて設立
2011年08月 品川区南大井3丁目オフィスベルメイトへ移転
2012年02月 資本金を1,000万円へ増資
2014年11月 資本金を1,500万円へ増資
2015年12月 資本金を3,500万円へ増資
2016年04月 品川区南大井6丁目戸浪大森ビルへ移転

アジアを中心に、大手通信社のモバイル系の仕事に従事してきた大原氏。
グローバルな視点とハングリー精神で、独学でプログラミングや経営学を学び、温かい人柄と行動力で世界の舞台に夢と活躍の場を拡げる!

プログラマーとして稼いだ大学時代
祖父から譲り受けた、グローバルなアイデンティティ

株式会社ゆめも/大原和哉氏
留学経験はないんですが、仕事での長期滞在が多くて。
今でも月の半分は海外ですね!

ー 学生時代からプログラマーとして働いていたそうですね?

大学は法学部だったんですが、手っ取り早く学費を稼ぐために、独学でブログラミングを勉強し、フリーエンジニアとして個人事業主並みに稼いでいました。正しくは、学費と遊ぶ金がほしかった(笑)。IT バブル全盛期で...。 卒業後はエンジニアではなく、大手通信社系のモバイル関連会社に入社しました。私自身はケータイが好きだったんです。仕事はとてもやりがいがあり、海外へ行く機会も多く、不思議と不満は感じませんでしたね。国内で法人向けの端末の開発をしていた時も、私の祖父が日本統治下の台湾出身者で、早くから日本でビジネスをしていた影響でしょうか、元々グローバルな意識が強く、海外、特にアジアを中心に、世界へと日本の良さを発信していくことが自分の使命だと感じていたんです。中国語や英語を活かして、海外のメーカーでスマホの初号機の商品企画段階に関わったり、コンサルティング的な仕事もしていました。

ー 起業のきっかけは何だったんでしょうか?

大学時代にエンジニアで稼いでいた頃、フリーの人たちが健康保険に入っていないとかケータイ代が払えないとか、結構無茶苦茶だったのを憶えていたんです。それで、いつか自分が大手通信社並みの福利厚生の環境を作ってあげたいと思うようになって。実は起業前に通信制の大学で経営学を勉強していて、さらに MBA も取りたかったんですが、まずは起業が先だと考えました。創業時は震災の年で、私は上海にいたんですが翌日帰国したとき成田空港の惨状を見て、愕然としましたね。ある意味、忘れられない記憶です。その後、住まいのある大森にオフィスを移しました。

夢を持つ人と、仕事をしていきたい

株式会社ゆめも/大原和哉氏
株式会社 ゆめも  代表取締役 大原 和哉氏
趣味 : ゴルフ、車・バイク、倖田來未の LIVE
尊敬する人物 : 祖父
好きな女性のタイプ : 桐谷美鈴

ー 起業から現在までの成長要因、大切にしていることはありますか?

今年で設立から5期目。おかげさまで順調に推移しています。事業内容の半分は IT 関連、半分はデザイン分野。やはりモバイル関連の案件が強く1 / 3 を占めています。IT 関連についてはコンサルティングも受託も SES もありますが、Web や紙媒体まで含めた、ワンストップサービスでの需要に応え、さらに強化していくつもりです。成長要因は、やはり人材が増えたこと。多様な経歴を持つ社員がいて、その度に事業内容に幅が出ています。採用に関しては、新卒も中途も、現在韓国籍の社員もいますが、海外の方の雇用も含め、積極的に考えています。 そして、やはり私は夢を大切にしています。社名に込めた「夢 + も」のごとく、社員が考えるそれぞれの “夢” の実現を、きれいごとではなく叶えてあげたい。ですから、入社前の段階では必ず、“夢”とそのキャリアビジョンを聞いています。“夢” のない人は残念ながら入れません(笑)。 それから、当社の企業理念である「すべてのステークホルダーのために」を実現すべく、社員とその家族、株主、パートナー、お客様、私たちに関わるすべての方にプラスに働くような仕事で貢献していきたいと思います。

ー 今後のビジョン、そしてとっておきの “夢” を聞かせてください。

オフショア案件はもちろんですが、国内が充実してきたので、そろそろ海外に目を向けていきたいですね。狙い目は、やはりインドネシアやベトナム、ミャンマーといった東南アジアだと思うんです。今後、海外拠点を作るとしても、IT に限らず、日本が誇る “おもてなし” のサービスを、ホスピ タリティを売りにできたらいいですね。是非海外に持っていきたいです。 私の好きなものは、ゴルフと旅行、車・バイク、それから酒です(笑)。大森近辺は結構飲み歩いています。海外でもお酒が入ると誰にでも声をかけちゃう(笑)。夢は...、うーん。実はマレーシアにペナン島という島があるんですが、そこで一大サービス施設ができたら最高ですね。英語も中国語も通じるところで、インフラもしっかりしているので。夢ではなく、結構本気です!