IT業界は女性に最適の環境だった!女性エンジニアのメリットとは

日々進化と拡大を続けるIT業界。その代表的な職業であるプログラマやシステムエンジニアなどの技術者は男性ばかりのイメージですが、実は女性におすすめの職業なんです!

今回は、IT業界の女性の現状とメリットについて見ていきたいと思います。

IT業界で働く女性の割合

IT系の技術者というと、男性のイメージが強いですよね。
経済産業省の平成28年発表の調査によると、IT関連産業の女性比は24.1%です。全体の約4分の1程度ということになります。

引用 IT人材の最新動向と将来設計に関する調査結果~報告書概要版~」(経済産業省)

IT業界に女性が少ない理由とは?

なぜ、極端に女性が少ないのでしょうか。その理由は以下にあります。

極端な文理分け

IT系の技術者は、基本的に理系出身者を採用していました。日本には文系・理系をはっきりと分ける教育制度が根付いており、ITは理系でなければ活躍できない業界と思われています。

理系というと「リケジョ」という言葉が生まれるくらい女性が少なく、男性のイメージが強い分野です。そのような日本では、女性の業界進出が少ない傾向にあります。

労働時間

IT業界は人手不足で売り手市場です。そのため、労働時間が長い傾向にあります。プロジェクトの終盤や、突発的なトラブルが起きた際には、残業続きということもあるでしょう。このような集中的に過酷な労働が、女性エンジニアの少なさに影響しています。

実は女性が働くには最適!

上記の理由だけを見ると、「たしかにキツイかも・・・」と感じてしまいますよね。しかし、IT業界にはメリットがたくさん!結婚や出産の大きなイベントや将来のキャリアを考えたときに、実は女性に最適な職業なのです。

安定した職業

最近よく耳にするようになったAIの登場により、将来は多くの職種がロボットに置き換わると言われています。人件費の問題もあり、この動きは今後加速するでしょう。

そんな時代だからこそ、安定した職業を選択したいですよね。どんなに素晴らしい職業でも、ニーズがなければ仕事を得ることはできず、徐々に衰退していきます。

IT業界がおすすめな理由は、「時代の需要がある」というところにあります。IT業界の発展はすさまじく、2030年には約59万人、多くて79万人もの人材不足に陥ると予想されています。IT系の技術職は、ロボットではなく人が必要な分野を担当するため、失業するリスクは非常に少ないのです。

平均年収が高い

前述したとおり、IT系の技術職は需要過多なので、年収が高い傾向にあります。
平均年収は、職種にもよりますが470590万円です。民間企業に勤める会社員の平均年収が420万円と言われているので、それよりも高い水準であることが分かります。

男女関係なく評価される

あからさまな男女差別はないものの、小さな差別は多くの業界に残っています。

しかし、技術者のような専門的な職業は技術で評価されます。やる気があれば新しい仕事を任せられ、どんどんスキルや経験を積んでいくことができるのです。同じ技術者から見れば、優秀かどうかはすぐに分かります。

つまり、技術を持っていれば男女関係なく評価され、どこでも重宝されるのです。旧態依然の男尊女卑な給与体制はほとんど存在しません。男女関係なく活躍でき、キャリアを積む場がIT業界にはあります。

手に職をつけることができる

技術を持った専門職というのは公務員にも劣らぬ安定性があります。これから更に需要過多が予想されるIT業界では、スキルのある人材は希少性が高まり、さらに需要が上がります。

また、専門性が高いにも関わらず、習得する期間が比較的短いこともおすすめする理由の一つです。未経験の場合は数か月の研修を受けることが多く、そこで基礎を叩き込み、そこから実務を12年経験すればある程度の技術は身につきます。

職場復帰・再就職・転職がしやすい

女性の人生のイベントといえば、結婚や出産が挙げられます。特に出産後は休職や退職をせざるを得ません。一度辞めてしまうと再就職が難しかったり、戻った時には元のポジションは誰かのもの…なんてことも他の業界ではよくあります。本来であればあってはならないことですが、日本の企業では実際にこのようなことが起こります。

しかし、IT系の技術職は、こういったリスクが少ない職業の一つです。むしろ職場復帰や再就職が簡単に行えます。前述したとおり、IT業界は慢性的な人材不足に陥っています。即戦力となる人材はどこの企業も大歓迎といった状態で、比較的復帰しやすく、転職も他の業界よりしやすいという特徴があります。

女性にとって非常に嬉しい、IT業界ならではのメリットです。

肉体労働がほとんどない

基本的にデスクに座ってPCと向き合う時間が多いので、肉体労働はほとんどありません。男性に比べるとどうしても体力面で劣ってしまいますが、IT業界ではそのような問題もなく、心配はいらないでしょう。

自由”が多い

IT業界の中でも、技術職は自由が多い傾向にあります。納期までに成果物を提出すれば問題ないため、休憩は自由に取れる場合がほとんどですし、技術職のみフレックス制を採用している企業も多く存在します。技術や作業環境があればリモートを許可している企業もあります。お菓子を食べながら作業のできる職場も少なくありません。

また、IT企業すべてというわけではありませんが、服装が自由な企業が多い印象です。自分の好きなスタイルで仕事をすると集中できますし、ある程度ファッションを楽しむこともできます。

IT業界は女性を求めている!

いかがでしたか。男性ばかりというイメージがまだ拭えない職業ですが、IT企業は女性エンジニアを求めています。実際に女性の比率は少しずつ増加しています。

また、文系出身者を積極的に採用している企業も増えています。研修制度が整っている企業も多く、安心して働くことができるように変わってきました。これからのIT業界は、さらに女性が働きやすい環境になっていくでしょう。ぜひ、IT業界を選択肢の一つとして就職活動をしてみてください。