【IT業界研究】|IT初心者のための業界図鑑

今や、私たちの生活に欠かせない存在となったIT

インターネットやスマートフォンなどの身近なものから、国や企業を支える大規模なシステムまで、多くの場所で活躍している技術です。そんなIT技術を駆使してサービスを担っている業界が「IT業界」です。

IT業界は、技術やサービスの進化が著しく、さらに多くの業種や職種が絡み合っているため、非常に複雑化しています。

現在のIT業界は、主に「ハードウェア業界」「ソフトウェア業界」「インターネット・Web業界」「情報処理サービス(SI)業界」4つに分類できます。それぞれ役割は異なるため、職業選択をする上で把握しておかなければなりません。

ここでは、「IT業界のことがよく分からない」という方にも読んでいただけるよう、上記の4つの業界を簡潔に解説していきます。
より業界について詳しく知りたい方は、各項目のリンクから詳細ページを覗いてみてくださいね♪

就職活動は将来を決める大切な期間です。ぜひ参考にしてみてください。

IT業界の市場規模は拡大傾向!しかし現状は人材不足

IT業界は次々と最新技術が生み出され、今後も市場規模の拡大が望まれます。
しかし、順調そうに見えるIT業界にも、『人材不足』という大きな問題があります。

すでに深刻な人材不足に陥っており、2020年は約37万人、2030年には約5979万人もの人材不足が生じると予想されています。

参考 経済産業省『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』

この原因は大きく分けて二つあります。
一つ目は産業人口自体が2019年をピークに減少すること、二つ目はIT産業の成長により人材ニーズが今後ますます増えることです。つまり、人材供給が追いつかないほど需要のある業界であると言えるのです。

IT業界の分類

冒頭でも述べたように、IT業界は「ハードウェア業界」、「ソフトウェア業界」、「インターネット・Web業界」、「情報処理サービス(SI)業界」の4つに分類できます。それぞれの業務内容は異なり、人材不足の面から見ても業界ごとに特徴があります。

ハードウェア業界

ハードウェアとは「機械、装置、設備」のことを指し、コンピュータを構成している電子回路や周辺機器など(キーボード、マウス、モニター、プリンター、ゲーム機etc)の物理的実体のあるものを扱う業界です。
ハードウェア業界の詳細

代表的な職種

コントロールプログラマ(組込系)
組込系エンジニア
ハードウェアエンジニア

ハードウェア業界の難易度:★★★

ハードウェア業界の就職難易度は、最大の星3つとなっています。
近年、文系学生を積極的に採用しているIT関連企業は増えていますが、この業界はそうもいきません。ハードウェアの開発には資本力が必要になるため、大手企業が多い傾向にあります。大手企業が多いということは、企業数も少なく、倍率が高い状態です。学歴も重視され、IT業界の中でも特に専門知識が求められる分野のため、文系や未経験からの就職は難しいのが現状です。

ソフトウェア業界

ソフトウェアとは、ハードウェアを動かすためのプログラムの総称です。コンピュータや周辺機器などの目に見える機器をハードウェアと呼ぶのに対し、ソフトウェアは実態を持たず、目に見えるものではありません。

ソフトウェア業界は、基本ソフトウェアのOSやアプリケーションソフトウェアなどの開発のみならず、様々な職種の技術者が活躍する業界です。パッケージソフトウェアからインフラを担うシステム構築まで、幅広いシステムを開発・運用しています。
ソフトウェア業界の詳細

ソフトウェア業界の難易度:★★★

ソフトウェア業界の就職難易度は、最大の星3つです。
ソフトウェア業界の技術者には高度な技術と能力が求められ、文系出身者や未経験者の新卒内定は厳しいのが現状です。未経験からソフトウェア業界に就職するには、他の業界で技術を身に着け、ある程度のレベルに達してから転職するという方も多い印象です。
また、ハードウェア同様、ソフトウェアの開発には資本力が必要になるため、大手企業が多い傾向にあります。大手が多いということは企業数も少なく、さらに人気の業界であるため高倍率です。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、Webサイト制作、ネットワーク構築、インターネット広告など、「企業向けのサービスを提供する企業(BtoB)」と、SNS、ポータルサイト、ショッピングサイトなどの「個人向けのサービスを提供する企業(BtoC)」に分けることができます。
インターネット・Web業界の詳細

代表的な職種

Webデザイナー
Webクリエイター

インターネット・Web業界の難易度:★★☆

インターネット・Web業界の就職難易度は、中レベルの星2です。
IT
業界の中で最も人気があり、女性の比率が多い分野です。さらに未経験でも勉強すればできる仕事が多いため、入りやすいという特徴があります。しかし、目指す人も多いため飽和状態が続き、倍率は非常に高くなっています。これにより、アルバイトやパート採用が多く、比較的給与水準が低い傾向にあります。大企業から中小企業まで幅広く存在しますが、実際は安定しない企業も少なくありません。誰でもできる仕事が多いとはいえ、秀でた技術を持ち合わせていない場合は、安定は難しいでしょう。

情報処理サービス(SI)業界

SI=システムインテグレーションの略

様々な業界や企業の情報システムの企画、設計、開発、構築、導入、保守、運用などを一貫して請け負う業界です。分かりやすく言うと、企業が抱える課題や悩みをITの力(システム)で解決していく業界です。

例として、銀行のATM、店舗のレジ、佐川急便の流通システムなど、生活に密着しているあらゆるモノが挙げられます。つまり、銀行・証券・物流・医療など様々な業界がビジネスの対象となるのです。
近年では、課題解決のためのシステムだけでなく、時代のニーズを先取りしたシステム開発も行われています。
情報処理サービス(SI)業界の詳細

情報処理サービス(SI)業界の難易度:★☆☆

SI業界の就職難易度は、最も易しい星1つです。
SI
業界は深刻な人材不足に陥っているため、文系や未経験者でも比較的入りやすい状態にあります。人材不足の要因の一つとして、中小企業が多く実態が見えにくいことが挙げられます。IT業界の中でも圧倒的に「需要」「社会への貢献度」が高い業界であるため、認知度が高まればたちまち人気業界となるでしょう。
SI
業界のメリットは、人材を育てるための研修制度や教育体制が充実している点です。また、基本的に資本元が大手企業なので、給与が安定かつ高収入です。技術を身に着けることができれば、どこの現場でも活躍できます。文系や未経験の方に、最もおすすめの業界と言えるでしょう。