Web面接の事前準備と当日の注意点

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Web面接(オンライン面接)が注目を集めています。すでに導入を進めている企業は多数あり、実際にWeb面接で選考が行われています。

そこで本記事では、Web面接の事前準備や当日の注意点についてご紹介いたします。これからWeb面接に挑戦する方、ぜひ参考にしてみてください。

Web面接とは?

ビデオチャットで面接

Web面接とは、PCやスマートフォンを利用して、オンライン通話サービス(ビデオチャット)で面接を行うことを指します。選考の場で多く利用されているツールは、「Skype」や「zoom」などです。

以前から選考方法のひとつとして利用している企業はありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、導入する企業が増加しています。

Web面接のメリット

Web面接のメリットは、企業へ出向く必要がないため、移動時間や交通費を気にせずに面接を受けられることです。

地方から東京への就職を希望している就活生にとっては、エントリーする企業数を制限することなく選考をうけることができるため、大変需要が高まっています。

また、自宅などの慣れた空間で面接を受けることができるため、心身ともにリラックスした状態で面接を受けることができます。

Web面接のデメリット

便利なWeb面接ですが、デメリットもあります。Web面接では、対面で話すよりも微妙なニュアンスや表情が伝わりづらいため、意図を正確に伝えたり読み取ることが難しくなります。

また、回線の状態や操作の手違いによって、面接が中断してしまう場合もあります。こうしたトラブルには落ち着いて対処する必要があるため、事前準備が大切になります。

Web面接を希望することはできる?

Web面接は、企業側に体制が整っていることが前提のため、希望しても実現しない可能性があります。

しかし、新型コロナウイルスの蔓延をきっかけに導入する企業が増加傾向にあります。そのため、これからはWeb面接の割合が増え、一般的な選考方法のひとつになると予想されます。

Web面接の準備

場所・背景

Web面接にふさわしい環境は、「静か」「明るい」「回線が安定している」です。自宅から臨む方が大半ですが、個室のレンタルスペースなどもおすすめです。

マイクは想像以上に周りの音を拾ってしまいます。できるだけ静かな場所・時間帯を探すか、同居者がいる場合は面接中の声掛けを避けてもらいましょう。

また、画面越しで顔が暗くなってしまうのを防ぐため、明るい場所を確保しておく必要があります。逆光やうつり込む背景にも気を付けましょう。

服装

面接官に直接会うことがないWeb面接でも、スーツ着用が基本です。自宅で行う場合はリラックスして取り組むことができますが、就活マナーを忘れてはなりません。

また、カメラは広い範囲が映ります。上半身のみ整えたとしても、ふとした拍子に下半身が見えてしまうことも…。油断しがちな服装ですが、特に意識して整えましょう。

使用媒体

Web面接を実施する際は、スマートフォンではなくPCが望ましいでしょう。スマートフォンの場合は着信や不安定さから面接を中断させてしまう場合があります。

一方のPCは、着信で中断されるケースは稀ですし、土台が不安定ということもありません。PCを所持していない場合を除き、スマートフォンの使用は避けましょう。

確認すべきこと・注意点

プロフィール画像やアカウント名

事前にプロフィール画像のアイコンやアカウント名をチェックしましょう。プライベートで使用しているアカウントを使用する場合、特に注意が必要です。アカウント名はニックネームを避け、本名(フルネーム)に変えておきましょう。アイコンは就活用の証明写真が望ましいです。

マイク・カメラ等の設備を確認

PCによってはカメラ・マイクがすでに搭載されていますが、そうでない場合は別売りのものを購入し、取り付けておく必要があります。

マイクは音量に注意し、操作に慣れておきましょう。カメラについては、距離や角度の調整が必須です。以下、注意点です。

・目線はまっすぐ・映る範囲は上半身
相手に顔がしっかり見える位置を確認し、上半身が映る距離を保ちます。カメラの角度によっては見下ろしているように見えるため、映り方は念入りにチェックしてください。

・カメラを見て話す
通常の面接では相手の目を見て話しますが、Web面接ではカメラを見て話します。画面上で視線を合わせたとしても、カメラの位置が異なるため、相手には視線が合っていないように見えてしまします。面接中に回答する際はカメラを見て話すようにしましょう。

通知音や起動ソフトに注意

Web面接で禁物なのが周囲の雑音です。PCの場合は通知音をオフにし、不要なソフトはすべて終了しておきましょう。スマートフォンをマナーモードにするのを忘れないようにしてください。

メモは紙とペンを使用

面接中にメモを取る場合は、PCではなく紙とペンを使用しましょう。マイクはマウスのクリック音やキーボードのタイピング音を拾ってしまいます。また、面接中のPC操作はあまり良い印象を相手に与えません。

面接開始の10分前には待機

WEB面接が始まる前にパソコンを起動しておき、どこか不具合がないか、通信状況は安定しているかを確認します。面接開始の10分前にはPCの前に待機し、落ち着いた状態で面接に臨みましょう。

通信が切れてしまったときは…

Web面接中に不具合が起き、接続が切れてしまっても慌てる必要はありません。まずは先方に電話をかけ、不具合が起きてしまったことを伝えましょう。

その後PCの再起動や回線の確認をしますが、再接続が不可な場合は新たに指示を仰ぎましょう。落ち着いて行動すれば合否に影響することはありませんので、念入りな準備・テストを心掛けてください。