内定に繋がる企業研究で他の就活生に差をつけよう!

就活生の皆さん、こんにちは。そろそろ就活の情報収集を始めている頃ではないでしょうか。今回は、そんな就活生の皆さんに役立ててもらえるよう、「企業研究」について触れてみようと思います。

企業研究って何のためにするの?

企業研究は「自分と合う企業を絞り込む」「明確な志望動機を書く」ために必要な作業です。企業の特徴を理解し、相性を見極めるための企業研究をしっかりと行うかどうかで選考の突破率や就職活動の満足度が変わってきます。

以下では、企業研究をすべき理由をまとめておきます。

企業研究をすべき理由
  • 自分に合う企業を絞り込むため
  • 志望動機を具体化するため
  • 自己PRを考えるため
  • 入社後のミスマッチを防ぐため

企業研究のポイントは?

まずは各企業の基本情報収集

初めはピックアップした企業の基本的な情報を書き出してみましょう。

業界内での位置づけを確認

企業の基本的な情報を集めることができたら、次は業界内での位置づけを確認しましょう。各企業を「企業規模」「業態」「資本」など、多方面から分類します。この作業を行うと、その企業が業界内でどの位置にいるのかを把握することができ、エントリーする企業の絞り込みに役立ちます。

企業規模で分類

企業規模をはかるには、売上高、営業利益、従業員数、資本金などを参考にすると分かりやすいでしょう。株式公開をしているかも判断材料になります。

業態で分類

商品の売り方やサービスの提供方法で分類する方法もあります。扱う商材や領域はそれぞれ異なるので、注目してみましょう。また、取引先や販売先などビジネスの相手にも着目してみてください。BtoBBtoCなど、企業の特徴が見えてきます。

資本で分類

こちらは資本元で分類する方法。企業グループ内で相互に資本関係のある「系列系」、グループに属さない「独立系」、外国法人が出資している「外資系」など、資本構成にはいくつかの種類があります。
資本構成が異なると、事業戦略や社風、人事制度や福利厚生にも違いが表れます。企業の色に大きく影響する部分なので、しっかりと確認しておく必要があります。

以上が企業を絞り込むために行うポイントです。では、これらの情報はどこから集めればいいのでしょうか。次項では、企業研究に役立つツールを紹介していきます。

情報はどこから集めるの?

企業のホームページ

各企業の公式ページには、その企業の情報や伝えたいメッセージが最も記されています。企業研究には欠かせないツールですので、必ずチェックしましょう。

求人サイトや新卒採用ページ

その企業の求人情報が掲載されているWebサイトには、企業情報や詳細な労働条件などが記載されています。いくつものサイトを比較し、詳しい情報を集めるのも良いかもしれません。あらゆる項目が端的に記載されているので、比較しやすいのも研究に適しているポイントです。

企業説明会

参加型の企業研究として一般的な方法は企業説明会です。会社概要や選考情報を社員から直接聞くことができますし、あなたが疑問に思っていることを質問する機会も用意されています。

形態は、企業が個別で行う説明会や複数の企業が集まる合同説明会、学校で開催される学内説明会など様々です。中には説明会に参加したかをチェックしている企業もありますので、エントリーを考えている企業の説明会には足を運ぶようにしましょう。

大勢の就活生が参加する企業説明会は、刺激を受ける場でもあるのでおすすめです。

OBOG訪問

OBOG訪問は、実際に働いている先輩社員の話を直接聞くことで、よりリアルな情報を入手することができます。企業説明会などの公式な場では聞きづらい内容や現場の本音を聞くことができるので、大きな判断材料となります。生の声を聞くことで、あなた自身が働く際のイメージもしやすくなるでしょう。

上記以外にも、座談会参加や企業情報がまとめてある書籍を活用するなど方法は様々です。集めたい情報によって方法を変えるのも良いかもしれません。

集めた情報はどう整理するの?

企業研究は調べれば調べるほど情報が出てくるので、その管理に困ってしまいますよね。いくつもの企業を調べていると、頭の中がごちゃごちゃになってしまいます…。
ここでは、情報を整理するための「企業研究ノート」の作り方をご紹介します。

このように、共通の項目を決めて1社ずつ比較していきましょう。自分の思ったことや感じたことを細かく記録しておくことが大切です。また、これらの項目にこだわらず、あなたが重視するポイントをチェックしてみてください。

企業研究で得た情報と自己分析で見つけた自分の価値観を照らし合わせ、自分に合う企業を見つけていきましょう。