【IT職種図鑑】|プロジェクトリーダー(PL)

IT業界には様々な職種が存在します。今回は、「プロジェクトリーダー(以下、PL)」について見ていきましょう。

仕事内容

PLは、システム開発プロジェクト内における、開発現場の責任者のことを指します。
プロジェクト全体の把握はもちろん、プロジェクト内部に対しての業務がメインとなり、行動力やリーダーシップが求められる立場です。

システムを開発する際は必ずプロジェクトを発足し、上図の工程で作られます。

PLは、上流工程である要件定義、基本設計、詳細設計を把握し、正しくシステムが開発されているかを確認して、その後のテスト工程も管理します。

具体的な役割は、開発現場でのタスクを把握し、プロジェクトメンバーへ細かな業務指導・作業指導を行うこと、タスクを消化させること(プロジェクトの実行と言う)です。メンバーの士気を高く保つことも重要な役割です。

また、プロジェクトの「進捗」や「発生した問題・課題」をプロジェクトマネージャー(以下、PMへ報告するという責任も有します。

PMについて詳しく知りたい方はこちら

こんな人におすすめ

物事を推し進める力がある

部活・クラブの部長やアルバイトのリーダーを経験したことがある、幹事になることがよくあるなどでも良いかもしれません。仕切る立場を多く経験したことのある人は、前に出て物事を進めていこうとする力があります。全員の思いとは異なるかもしれませんが、そこを推し通して業務を進めなければならない場合もあるため、適した職種と言えるでしょう。

洞察力に優れている

プロジェクトメンバーは、それぞれ性格もスキルも異なります。一人一人の個性を見抜き、適切な仕事を振り分けることは重要な役割です。また、メンバーの状態に気を配り、精神面からも支えることができれば、結果的に作業効率も上がります。広い視野で全体を見渡し、メンバーの個性や変化に気付けるような洞察力を持つ人には、向いている職種です。

必要なスキル

PLには、開発現場をまとめ、メンバーの状態や進捗を把握しながら計画通りにプロジェクトを実行するための「リーダーシップ」が求められます。

また、プロジェクト全体の管理・外部対応を行う「管理側(PMなど)」と、実際に開発を行う「開発側(PGなど)」の間に立ち、交渉役や調整役を担う場面も多いでしょう。

予算やスケジュールの変更を余儀なくされることもあり、トラブルを回避するためにも密な連携やIT技術の理解が重要です。高度な「交渉力」、「コミュニケーション力」、「ITの知識」が必要とされます。

PLのやりがい

PLのやりがいは、「プロジェクトが完了した時の達成感」「要求に応えることができたときの充実感」です。

開発現場で指揮を執りながら、顧客・PMからの要求にも対処するため、板挟みになることが多々あります。その中で如何にスケジュールやメンバーの状態に考慮しながら進められるか、的確な指示が行えるかなど、PLは苦悩の連続です。

それらを乗り越えてプロジェクトが完了したときは、何とも言えない達成感を得ることができます。システムが好評だったときは自身の仕事を満足にこなせた証でもあり、さらにやりがいを感じることができるでしょう。

PLの需要と将来性

PLは、プロジェクトの一連の流れに関する知識の習得はもちろん、開発現場を牽引するリーダーとしての資質や様々なスキル・知識を要するため、ふさわしい人材を確保するのが難しい職種です。しかし、IT業界は全体的に人材不足ということもあり、常に必要とされています。

また、PLは将来的にも需要が見込まれる職種です。その背景には、新しい技術が次々と生まれることで新たなシステムを導入したいと考える企業の増加があります。加えて、従来の開発分野だけでなく、IoTAIなどによるIT活用の多様化で多くの新規プロジェクトが立ち上がることになります。

IT業界が成長していくにつれて、最先端の技術や高いスキルを持ったPLの活躍が予想されます。

PLの詳細データ

気になるPLの詳細データをまとめてみました。
※以下は、マイナビエージェントを参考にしています。
※以下は、PMPLを合わせた平均値を表示しています。

平均年収

PLの平均年収は569万円となっており、範囲は500600万円の間が多いようです。年齢別に見てみると、20代は468万円、30代では622万円と大幅にアップします。
また、PLは同年代のSEPGの平均年収に比べて70100万円程高い傾向にあります。開発現場をまとめる立場であるPLは、それだけ責任のある仕事であるということが分かります。

男女比

PLの男女比は8:2で、IT業界全体の比率と大差ありません。男性の比率が多い職種ですが、IT業界を目指す女性や実際にSEやPGとして活躍している女性が増えています。そのことから、将来的にPLの女性比率が増加すると予想されています。

主な資格

PLが保有していると評価されやすい資格を、一部ご紹介します。