【IT職種図鑑】|コントロールプログラマ(組込系)

IT業界には様々な業界や職種が存在します。今回は、「コントロールプログラマ(組込系)」について見ていきましょう。

仕事内容

コントロールプログラマは、組込系プログラマとも呼ばれており、主に家電製品などの機器(ハードウェア)の中に組み込むためのプログラム(ソフトウェア)を作成します。

家電製品の他にも自動車やスマートフォン、エレベーターや信号機などの機器を正常・安全に動作させる仕組みを作るため、非常に責任のある職種です。

デジタル化が進んでいる現在では、あらゆる分野でニーズが急増しており、それぞれの製品に合わせて最適なカスタマイズを施す必要があります。以下では、代表的な組み込み機器をご紹介します。

代表的な組み込み機器

組込系と制御系の違いとは?

求人票などを見ていると、「組込系・制御系」などと書かれていることもあり、違いがよく分からないという方も多いかと思います。二つの領域は非常に近く、作業を限定していないケースもあるため、厳密に区別することは難しくなっています。ざっくり分けると以下のようになりますので、それぞれ見ていきましょう。

組込系

組込系は、”仕事内容”の項目でも述べたように、機器が動く仕組みとなるシステム(ソフトウェア)を開発します。組み込みシステム開発用のOSやプログラミング言語を使用し、機器(ハードウェア)の動作環境などを考慮して開発を行います。

制御系

制御系とは、システムが正確に動くように制御する部分を設計・開発することを指します。分かりやすく言うと、組み込まれたシステムを制御し、機器を実際に動かす際にどのように機能するかをコントロールする仕組みを作ります。利用者の安全性や利便性を高めることに役立っています。

こんな人におすすめ

日常的に使われている製品開発に携わりたい

コントロールプログラマ(組込系)が開発するシステムは、私たちが日常的に利用する製品の多くに関わっています。大勢の役に立つ製品に携わりたいと考えている方には最適な職種です。

専門性の高い知識を身に着けたい

組込系システムは、機器(ハードウェア)の種類ごとに合わせて開発するため、非常に多彩です。他のプログラマよりも敷居が高い印象ですが、専門性の高い仕事を希望している方や知識を身には着けたい方におすすめです。

必要なスキル

コントロールプログラマ(組込系)に必要なスキルの一つとして、開発に使用する言語スキルが挙げられます。特に や C++ は頻繁に使われます。

また、組込系のシステムは実際に機器に組み込まれてはじめて動作します。つまり、機器との連携が重要になるため、プログラムの知識に加えて機器(ハードウェア)の知識も必要になります。

例えば、ハードディスクレコーダーの組み込みプログラムを開発する場合を考えてみましょう。ハードディスクレコーダーはテレビとの接続にHDMIを使用しますが、この信号を管理・制御するためにはHDMIの仕様についての理解が必要になります。

このように、開発対象と繋がる他の機器や内部で互いに関連している機器に対する知識が必要になります。これらの知識は、入社後の習得でも十分に間に合いますので、徐々に覚えていってください。

コントロールプログラマのやりがい

コントロールプログラマ(組込系)のやりがいの一つとして、「自分が意図したとおりに機器(ハードウェア)が動作する」というプログラミングの本質に通ずるものがあります。

子供の頃、ラジコンを操作して自分の思い通りに動かせたことに感動を覚えた方もいるでしょう。コントロールプログラマは、さらに複雑なプログラムで機器を動かし、そういった気持ちを常に味わいながら仕事をします。

また、自身が開発したシステムが機器に搭載されて市場に出回ったときは、「プログラマとして世の中の役に立っている」という実感を得ることができます。”貢献”にやりがいと感じる人も多いようです。

代表的な企業

コントロールプログラマ(組込系)が活躍する代表的な企業は、以下の通りです。

他のプログラマに比べ、圧倒的に大手企業が多いという特徴があります。大手企業やメーカーを志望している就活生は是非チェックしてみてくださいね。

Sky、デンソーテクノ、トヨタテクニカルディベロップメント、アズビル、横河電機、
オムロン・フィールドエンジニアリング、パナソニック・デバイスシステムテクノ、
三菱電機エンジニアリング、パナソニックシステムデザイン、日立オートモティブシステムズ etc

コントロールプログラマの需要と将来性

多くの製品がデジタル化されている現在では、電化製品をはじめ、情報・通信機器、産業機器など、コンピュータを内蔵するあらゆる機器に組み込みシステムが必要であり、それらを開発するコントロールプログラマ(組込系)は非常に需要の高い職種となっています。

また、IoTの分野が大きな成長を続けており、自動運転システムやApple Watchなどのように、私たちが日常で利用するものにもインターネットが繋がる時代になりました。こうした機器には当然組み込みシステムが必要なため、今後も需要は増えていくと予想されています。

求人案件が増えると共に、より一層品質や安全性への高い意識や技術力が求められるようになるでしょう。IoT時代に最も活躍するプログラマとも言われています。

コントロールプログラマの詳細データ

気になるコントロールプログラマ(組込系)の詳細なデータをまとめてみました。

平均年齢

コントロールプログラマ(組込系)の平均年齢はやや高めです。要因としては、専門的な知識と技術を要するために習得に時間がかかること、一度習得すると重宝されるポジションであることが挙げられます。

平均年収

年収はプログラマの技術と企業次第というところが大きく、未経験の場合は300500万円の求人が多い印象です。開発経験があれば600800万円という求人も増え、長く働くこともできます。また、習得言語によって年収も変動します。平均年収で見ると、C言語は660万円、アセンブラが570万円と差があります。ただし、”一つの言語しか扱えない”という人は稀で、ほとんどの場合は両方のスキルを持ち合わせています。

主な開発言語

コントロールプログラマ(組込系)が使用する主な開発言語は、「C」、「C++」、「アセンブラ」、「Java」などが挙げられます。
OSは「Windows」、「Linux」、「ITRON」などが人気なため、触れておくと良いかもしれません。